高校・中学の先生方へ

情報処理安全確保支援士試験について

  • TOP
  • 情報処理安全確保支援士試験について
 

情報処理安全確保支援士試験「免除対象学科認定」を取得!

「情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)試験」では、「情報処理の促進に関する法律施行規則」の改正及び関係告示の制定により、新たに受験に際しての免除制度が創設されました。これによって、本校 総合情報(大学併修)学科 ネットセキュリティ専攻は「免除対象学科等認定制度」に基づき、情報処理技術者試験を実施するIPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、情報処理安全確保支援士(午前Ⅱ試験)の免除を認定されました。
 これにより平成30年4月1日以降に入学した学生は、3年次までの学習を終えることで、4年次10月から2年間情報処理安全確保支援士試験の「午前Ⅱ試験」が免除されます

 全国で5校の学校が認定を受けましたが、そのうち3校が本校を含む電子開発学園グループ校(名古屋情報メディア専門学校・KCS福岡情報専門学校・KCS北九州情報専門学校)です。愛知県では、本校のみです。
ネットワークやセキュリティに関心のある方、是非本校への進学をご検討ください!

情報処理安全確保支援士とは

「情報処理安全確保支援士」はサイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価やその結果に基づく指導・助言を行います。

◇認定制度の詳細についてはこちらをご覧ください
  情報処理安全確保支援士試験 免除対象学科等認定制度について »
◇認定学科等の一覧はこちらをご覧ください
  免除対象学科等認定一覧 »