学生BLOG

学生BLOG

平成23年4月卒業予定者の就職活動開始

平成23年4月卒業予定者の就職活動がスタートしました。
就職講座の中では、ビジネスマナー・エチケット講座、業界研究講座、
履歴書の書き方講座などを行っていきます。
自分が就きたい仕事・業界など目標をしっかり定めて会社説明会への
参加を始めましょう。
 
金融危機の影響で雇用情勢の悪化が伝えられていますが、そんな時こそ、
学んだITを発揮する仕事に就けるように取り組んでください。
学校も全力で皆さんの活動を支援します! ファイト!


次の写真は就職キックオフ時のクラス写真です。

sd1.jpgsd2.jpgsd3.jpg
 

 

 

個別ページへ |Posted 2008.12.1

北海道情報大学Webデザインコンテスト 努力賞 受賞 

第8回北海道情報大学Webデザインコンテストが開催され、フリー部門において名古屋教育センターの
在校生が 努力賞 を受賞しました。
受賞されたみなさん、おめでとうございます! 

 

s5.jpg
s2.jpg
 

 

 

 

 

個別ページへ |Posted 2008.11.26

第24回全国専門学校卓球選手権大会へ出場決定

平成20年10月に実施された愛知県大会で本校の 伊藤圭司 君 がベスト8に入りました。
また、12月に実施される全国専門学校卓球選手権大会に愛知県選抜の一人として出場します。
みなさん、応援よろしくお願いします!


s3.jpg
第24回 全国専門学校卓球選手権大会
・開催日 平成20年12月5日(金)~12月6日(土)
・場 所  東京・駒場オリンピック公園総合運動場体育館

 

 

 

 

 

 

個別ページへ |Posted 2008.11.5

大須301ビル 第1回壁画・うちわコンテストに入賞

名古屋でもっとも元気のある「大須商店街」、その中でも注目の「大須301ビル」。
その大須301ビルで第1回壁画・うちわコンテストの発表が行われ、メディアデザイン学科の佐川喜子さんがテナント賞を受賞しました。

受賞された佐川喜子さんおめでとうございます。
授賞式の様子賞状授与受賞作品の展示
表彰式
 日時:7月26日(土)11:00    場所:大須301ビル1F特設会場
 

 

 

個別ページへ |Posted 2008.8.1

平成20年度 後期分学費の納入について

平成20年度の後期分学費の納入につきましては、次の通りです。

 ・口座振替利用の方・・・・平成20年9月8日(月)に指定の口座より振替(引落し)いたします。

 ・銀行振込利用の方・・・・平成20年9月19日(金)までに納入願います。

詳細につきましては、納入案内をご覧ください。
また、ご不明な点は、本校経理担当までお問合せください。

【お問合せ先電話番号】
  (052)681-9500 (代)

 

 

 

個別ページへ |Posted 2008.7.31

企業探訪記 「医療システム開発の現場を行く!」

平成20年5月30日(金)医療機関向けシステム開発を行うソフトウエア開発企業「ICソリューションズ株式会社」様へ本校の「医療情報コース」の学生が訪問し、医療システム開発業界の動向や、システム開発に従事されているスタッフの方から「生の声」、また第一線でご活躍中のシステム営業の方から仕事に対する姿勢、やりがいなど、貴重な体験談をお聞きしましたので、お伝えいたします。

ICソリューションズ株式会社の皆さんと記念撮影
医療情報技師のニーズは今後高くなることを実感!!
訪問した学生からいろいろな質問が出ましたが、ひとつひとつに丁寧に答えてくださいました。
その中から、いくつかご紹介します。

Q1:開発の担当者はどのような資格を持っていますか。
A1:国家試験の基本情報技術者試験やソフトウエア開発技術者、医療情報技師などです。
   最近、業界内で医療情報技師が注目を浴びています。ちなみに、わが社では資格手当が支給されています。
    また、保険の制度についても勉強しておくと、役に立ちますよ。

Q2:残業は多いのですか。
A2:リリース直前や、法改正の時期などのピーク時は多いときもありますが、それほど大変ではないですね。

Q3:システム営業としてのやりがいや辛いことってなんですか。
A3:なかなかシステムを購入していただけなかったユーザに購入していただいて、使用した結果「使いやすくて、
   導入してよかったよ」とほめられたときに、「お客様に勧めてよかった」と感じますね。
   また、自分の伝えたいことがお客様(ユーザ)に正しく伝わらなかったときには、ちょっと辛いなと思いますね。

Q4:IT技術者として大切なことは何でしょう。
A4:技術の裏づけも大事ですが、まずは「コミュニケーション」だと思いますね。
   自社内だけでなく、他のメーカーの営業さんともコミュニケーションをとっていろいろと情報交換すると、お互い
   にメリットがあります。

探訪後の学生談
・実際の現場を見ることは今後の進路選択に参考になりました。
・医療情報システムの開発でどの様なもの作っているのか知ることができた。
 また、システム営業での大切なことを学べたことも非常に良かったと思う。
・システム営業について興味があったので、実際の現場の方の話を聞いてとても勉強になった。
・実際に開発系の仕事をしている人の経験談を聞いてとても参考になった。
 特に、法律が変わった際のシステムのバージョンアップは短い期間に変更点をリストアップし、
 法律の施行までにシステムを完成させなければならないので非常に大変な仕事だなと思った。
 でも、同時にやりがいもあるのかなと感じました。
・システム開発の方は、忙しい仕事の合間にソフトウェア開発技術者や医療情報技師などの資格
 も取得し、すごいなと感じた。

後記 
今回、ご多忙にもかかわらず本校学生に業界の情報を提供いただきありがとうございました。
机上の学習ばかりではなく、実際の仕事現場を直接見て、聞いて、体感することは、学生にとって非常に有意義で
あり視野も広がったと思います。
特に、今回は病院という医療現場ではなく、医療システムの開発を行っている企業に訪問できたことは、将来の進
路選択においてもさらに幅が広がったと確信しています。
ICソリューション株式会社様ありがとうございました。 
                                                      引率講師 鷲尾 孝巳

 

【ICソリューションズ株式会社】 http://www.ic-sol.co.jp/
『ICソリューションズ株式会社』は、名古屋の老舗医薬品、医療機器卸企業である中北薬品株式会社のグループ
企業として、平成18年11月に分社化。
主に、開発・販売・サボートをしている医療機関様向けの医療情報管理ソフト「MEDI-ECHO」を中心に、「写真付
薬剤情報プログラム」や「薬袋発行フログラム」などの関連プログラムも開発・販売。また、多種多様なニーズにあっ
た情報系システム・プログラム開発、ハウジング・システム受託運用業務、またコンサルタント業務から人材派遣、
教育研究事業まで一環したサービスを提供されています。

ICソリューションズ株式会社ホームページ 
 

 

個別ページへ |Posted 2008.7.9

平成20年度 名古屋市交通安全ポスター 入賞

平成20年3月8日(土) オアシス21銀河の広場にて、平成20年度「名古屋市交通安全ポスター」表彰式が行なわれました。
本校から2名の学生作品が入賞しました。おめでとうございます。

在校生諸君においては、今後も交通ルールを遵守し交通安全に努めて下さいね。

「秋の交通安全」部門 入賞作品 ゲーム・CG学科2年 松原拓郎君 
ss4.gif 「自転車安全利用」部門 入賞作品 メディアデザイン学科1年 佐川喜子さん
ss5.gif
 

表彰式の様子(他の入賞者の皆さんと共に)
ss1.gifss2.gifss3.gif

個別ページへ |Posted 2008.3.10

テニス部 全国大会に出場しました

テニス部の浅井英之君が10月15日(月)から18日(木)に仙台市総合運動場・泉庭球場で開催された第7回全国専門学校テニス選手権大会にシングルス戦で参加しました。
健闘の結果惜しくも、敗退となってしまいましたが、来年は是非団体戦で参加したいと言っています。次年度リベンジに向けて頑張ってくれることを期待します。

s1.jpgs2.jpgs3.jpg

個別ページへ |Posted 2007.10.22

東京ゲームショウ2007見学ツアー報告

9/21(金)から22(土)の2日間、東京ゲームショー2007の見学ツアーに行ってきました。
見学は21(金)の1日だけですが、本校はCESAの賛助会員として一般入場に先立ってビジネスディに見学することができ、混雑もなく見学できました。
参加した学生は最新のゲーム機、ソフトに感嘆!
一堂に会した作品のレベルの高さやノウハウを肌で感じ、いつかは自分の作品を発表したいと感じたようです。
また、2日目は自由行動で、ディズニーランドで遊んだり、浅草・秋葉原などでショッピングしたり有意義な2日間でした。

g0.jpgg5.jpgg1.jpgg2.jpgg4.jpg

個別ページへ |Posted 2007.9.23

U-20プログラミング・コンテスト用 オリジナル作品の募集を開始します 【終了しました】

平成19年度 第28回 U-20(アンダー20)プログラミング・コンテスト用のオリジナル作品の募集が始まりました。

主催の情報化月間推進会議のポスターのキャッチは 「ちょっと挑戦してみますか・・・。」 です。

アイデアと表現力、プログラミング技術を作品に込め、個人部門または団体部門のいずれかに参加してみましょう!

詳細は担任の先生に確認して下さい。

参考URL  http://www.jipdec.jp/procon/ 

※主催:情報化月間推進会議(経済産業省、文部科学省、内閣府、総務省、財務省、国土交通省)

 

個別ページへ |Posted 2007.6.12