総合情報(大学併修)学科 総合情報(大学併修)学科

大学卒業の資格を取得しながら、専門分野についてしっかり学びます

総合情報(大学併修)学科 [4年制] の魅力

特徴1 大学卒(経営情報学)の学歴が得られる

姉妹校 北海道情報大学と名古屋情報メディア専門学校の2校に同時入学、同時卒業を目指します。
卒業時は、学士(経営情報学)と高度専門士の学位を取得できます。

  • 北海道情報大学
  • NCS(名古屋情報メディア専門学校)

特徴2 名古屋にいながら北海道情報大学が卒業できる

授業や講義は名古屋情報メディア専門学校に併設されている北海道情報大学 名古屋教育センターでおこなわれます。 余裕を持って学べ、就職活動も地元で行えるメリットがあります。


特徴3 独自の教育システムで大学の講義を名古屋で学べる

授業や講義は名古屋情報メディア専門学校に併設されている北海道情報大学 名古屋教育センターでおこなわれます。 余裕を持って学べ、就職活動も地元で行えるメリットがあります。

  • メディア授業
  • インターネットメディア授業
  • 印刷授業
  • スクーリング授業

特徴4 学費は他の私立大学とほぼ同等

●私立大学と比べても・・・ 北海道情報大学と名古屋情報メディア専門学校の2校に在籍しても、文系私立大学1校分と同等の学費負担。

W履修でも学費負担は私立大学1校分とほぼ同額

特徴5 独自のカリキュラムで学習負担を軽減

北海道情報大学と名古屋情報メディア専門学校は同じ情報分野の教育課程となっています。 類似科目を共有化した独自のカリキュラムと単位認定制度により、学習負担を軽減しています。


特徴7 教職課程

教職課程を履修することで高等学校教諭一種免許状・中学校教諭一種免許状が取得できます。

通常、大学で「高等学校の教員免許」を取得するためには、67単位分の科目を履修する必要があります。 NCSでは大学と専門学校とのW履修により、卒業に必要な単位の他に「教職に関する科目」31単位のみを履修することで、効率良く高等学校教諭一種免許状(情報・商業・数学)を取得できます。


特徴8 海外短期留学制度

  • 海外での交流を通して、IT社会に不可欠な国際感覚を身につけることができます。

    毎年夏に実施される海外短期留学制度。全国の姉妹校から学生が集まり、約1ヶ月の留学に旅立ちます。 提携校のレイクワシントン・テクニカルカレッジ(アメリカ)や南京大学(中国)で、ことばや文化を学びます。自国以外の文化や価値観を知ることで、より広い観点から物事を捉えることができるようになり、IT社会に不可欠な国際感覚が身につきます。また、留学することで「海外事情」の単位も修得できます。

  • 主な留学先はアメリカ・中国

特徴8 情報処理安全確保支援士試験(国家試験)午前Ⅱ試験 免除認定

  • 総合情報(大学併修)学科ネットセキュリティ専攻(4年制)で学べば午前試験免除になります!

    本校 総合情報(大学併修)学科 ネットセキュリティ専攻は「免除対象学科等認定制度」に基づき、情報処理技術者試験を実施するIPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、情報処理安全確保支援士(午前Ⅱ試験)の免除を認定されました。これにより平成30年4月1日以降に入学した学生は、3年次までの学習を終えることで、4年次10月から2年間情報処理安全確保支援士試験の「午前Ⅱ試験」が免除されます。

卒業後に差がつく独自のカリキュラム

名古屋情報メディア専門学校 総合情報(大学併修)学科

一般的な大学

理解度アップ  より専門的な技術や知識が理解できる

主に理論的な知識を学び、実践的な技術の習得は重視されない。

スキルアップ  社会で活かせるスキルが習得できる

2つの学歴  効率的な学習で「高度専門士」と 「学士」の2つの学位が取得できる

学歴は、学士のみ。

資格取得  授業の中に資格取得対策講座が数多く組み込まれている

国家試験

情報処理安全確保支援士
ネットワークスペシャリスト
データベーススペシャリスト
エンベデッドスペシャリスト
応用情報技術者
基本情報技術者

ベンダーフリー資格

SEA/J、オラクルマスター、CompTIA、他

特別な講座に参加したり、独学か夜間スクールに通うことが必要になることもある。
実践的な学習を積まないと、取得が難しい資格も多い。

スキルアップ  社会で活かせるスキルが習得できる

就職支援  2つの学歴と資格取得で、就職が有利に。さらに担任や進路支援センターの先生がバックアップ。

 

就職内定率 99.0%(2018年3月現在)

入学から卒業までの流れ

  • 名古屋情報メディア専門学校

    専門学校の履修

    コンピュータの基礎から実践へ

    コンピュータの基本的な知識と技術を学ぶ科目が中心です。まずは動作原理や周辺機器の特徴、プログラム言語などを習得。実習で実践的なスキルも身につけます。また、習得したスキルの証しとなる各種資格取得に挑戦します。

    より実践的な科目が中心に

    理論的な学習は2年次までで終了。プログラム開発やシステム開発技術など、実践的な科目が中心になります。学んできた理論を実習の中で確認しましょう。もちろん、1年次に続き資格取得にも挑戦していきます。

    応用技術を習得、高度な資格にも挑戦

    さまざまな実習科目を通して、現場で広く求められる最新の設計・応用技術を習得。これまで学んできた知識を活かし、さらに高度な資格取得にも挑戦していきます。

    集大成として卒業研究に

    4年間の集大成となる卒業研究。4年次は、卒業研究にじっくり取り組みます。各種の資格取得と合わせ、即戦力として活躍するための力を磨いていきます。

    (学歴)名古屋情報メディア専門学校
    高度専門士(工業専門課程)

  • 北海道情報大学

    大学科目の履修

    情報の基礎と一般教養を学ぶ

    情報技術の概要やプログラミングの基礎など、情報の基礎科目を修得。また、外国語や歴史、心理学など、教養教育科目を履修します。

    専門科目が増え、より応用的に

    引き続き教養教育科目を履修。情報系の科目が細分化され、それぞれの内容が応用的に。経営学系の科目も加わり、幅広い科目を履修していきます。

    就活前に、計100単位が目標

    専門科目の履修が増加。システム設計演習などの科目で、高度な技術も習得。就活に余裕をもって取り組めるよう1〜3年次で100単位以上の修得が目標です。

    卒業論文の作成をスタート

    各人が興味あるテーマを設定。大学で学んだ理論と実践的スキルをベースに卒業論文を作成します。教職課程履修者は、高校で教育実習を行います

    (学歴)北海道情報大学
    学士・経営情報学

1000

学べる学科と専攻一覧

修業年 学科 専攻 こんな方にオススメ
4年 総合情報(大学併修)学科※1 システム開発専攻 現場に即したシステム開発技術を習得し、システムエンジニアを目指す
4年 総合情報(大学併修)学科※1 AIシステム開発専攻 IoT・ビッグデータ・AIの概略を理解し、AIを業務活用できるエンジニアを目指す
4年 総合情報(大学併修)学科※1 ゲーム開発専攻 プログラミング技術からゲーム企画まで習得し、ゲームクリエイターを目指す
4年 総合情報(大学併修)学科※1 ネットセキュリティ専攻 世界標準のネットワークとセキュリティ対策技術を習得し、ネットワークエンジニアを目指す
4年 総合情報(大学併修)学科※1 医療情報専攻 医学・医療知識と医療情報システムを習得し、医療情報技師を目指す

※1 北海道情報大学 経営情報学部(通信教育部)との併修となります。

※ 全学科 昼間部 男女共学

北海道上布大学 通信教育学部 無限大キャンパス

学科紹介 -TOP