home > NCSについて > eDCグループ

eDCグループ

高度な教育で情報社会に貢献する、それがedcグループです。

eDCグループ紹介

eDCグループは、システム開発と宇宙開発、そして情報教育の3つの領域を基盤とする「産学研共同」の複合グループです。
教育機関には、北海道情報大学(HIU)と全国9拠点にコンピュータ専門学校を展開する電子開発学園(EDC:Electronics Development Computer College)があり、名古屋地区には名古屋情報メディア専門学校と、名古屋医療情報専門学校の2校があります。
また、北海道情報大学と各専門学校は双方向型の遠隔教育システムPINE-NETⅡ(パインネットⅡ)で結ばれており、大学と専門学校の卒業資格の同時取得を実現するなど、本学園の教育はわが国の情報教育の中でも独自の位置を占めています。

eDCグループ

「青・赤・緑」はeDCグループのグループカラー

「青・赤・緑」はeDCグループのグループカラー。
青は「技術・信頼」を、赤は「教育・情熱」を、緑は「未来・創造」を意味しています。
高度な技術で信頼を深め、情熱あふれる体制で優秀な人材を増やし、情報社会の未来を創造していく」eDCグループの基本理念を表現し、社会への貢献を目指しています。

技術・信頼

技術革新が急速なコンピュータ業界で活躍するには常に最新情報にふれることが重要です。
産業界からは、今必要とされる人材像と、その人材に要求される最新技術を提供していきます。

教育・情熱

グループの協力体制を活かしてグレードの高い教育を実現します。
遠隔教育システムPINE-NETⅡで結ばれた最先端の教育環境を実現し、新世紀の技術者・クリエータを育成します。
北海道情報大学のほか全国に10校の専門学校を有します。

未来・創造

遠隔教育システムPINE-NETⅡを支え、マルチメディア授業等を発信し地球局としての役割も務めます。
研究所の研究成果による最新の学習システムを提供し、常に時代が求める人材育成を実現します 。

電子開発学園の情報教育拠点 〜北海道情報大学と情報教育専門学校10校〜

マップ