home > NCSについて > 北海道情報大学 名古屋教育センター

北海道情報大学 名古屋教育センター

IT最先端の教育が学べる

本校内には、北海道情報大学名古屋教育センターが併設されています。
総合情報(大学併修)学科の学生は、北海道情報大学通信教育部に同時在籍し名古屋教育センターで大学科目を学習します。

名古屋教育センター内で遠隔教育システムPINE-NETⅡを用いたメディア授業やスクーリングなどが行われます。
また、大学科目をフォローする教員も常駐しており学習をサポートします。

北海道情報大学

北海道情報大学

北海道情報大学は平成元年(1898年)に開学。いち早く経営学と情報学を融合させた経営情報学部を開設し、他大学に先駆けて先進的な教育内容を実践し、実社会で即戦力となる人材づくりに力を注いでいます。

平成6年(1994年)には、全校10校の専門学校内に教育センターを設置し、各地区で専門技術を学びながら経営情報学士として卒業できる教育システムを確立しました。

沿革

1989年 北海道情報大学 経営情報学部 開学
1994年 通信教育部経営情報学部(経営情報学部)開設
全国に展開する情報系の専門学校に教育センターを置き、専門学校教育と大学教育とを併修できる我が国初の通信衛星を利用した沿革教育システムによる通信教育を開始
1996年 大学院 経営情報学科研究科(修士課程)開設
2001年 情報メディア学部 開設
教職課程「高等学校教諭一種免許状(情報)」開設
2003年 経営情報学部 経営学科を経営ネットワーク学科、情報学科をシステム情報学科に名称変更
2006年 経営情報学部 医療情報学科 開設
2008年 情報メディア学部 情報メディア学科に2専攻を設置
通信衛星を地上高速専用回線に切替
2009年 教職課程「高等学校教諭一種免許状(商業)」開設
2013年 教職課程「高等学校教諭一種免許状(数学)」開設
2015年 教職課程「中学校学校教諭一種免許状(数学)」開設