home > NCSについて > 本校の魅力 > 双方向型マルチメディア遠隔教育システム

双方向型マルチメディア遠隔教育システム

双方向型マルチメディア遠隔教育システム(PINE-NET ll)

メディア教育センターの講義スタジオ

最新システムで次世代教育を実践

双方向型マルチメディア教育システムPINE-NET IIを用いて、北海道情報技術研究所内にある「メディア教育センター」の講義スタジオから、専門学校と北海道情報大学の講義が行われます。
北海道とは遠く離れていますが、高速専用インターネット回線で結ばれており、講義中にライブで質問ができるなど対面授業に匹敵する教育システムです。

教育実習設備

充実の設備は君の学校生活をサポートします

充実の設備は君の学校生活をサポートします。常に最新のソフトが入ったコンピューター実習は1人1台で、じっくりと実習に取り組めます。
サウンド編集ユニット、モーションキャプチャユニットなどゲームクリエーター、CGクリエーターにとって理想の環境が揃っています。

空き時間はサロンでゆっくり

授業の空き時間や放課後は自由にコンピュータが使えるサロンが開放されています。インターネットをしたり課題をしたり、友達とのコミュニケーションの場としても使うことが出来ます。

フロアマップ